日経ビッグデータ主催『人工知能ビジネス活用研究会』で講演しました

10月17日、東京は御茶ノ水で日経ビッグデータ主催の人工知能ビジネス活用研究会が開かれ、初日の4人のスピーカーの一人として石角友愛が登壇しました。『日米AI活用なぜ差がつくのか』をテーマに、過去約50社に向けて提案をしてきた実績に基づく企業の課題をお話しました。

私が考える日米企業のAI活用の差が生まれる大きな理由は

  1. 営業フォーカスVSプロダクトフォーカス
  2. クローズドな会社VSオープンな会社
  3. トップダウンな意思決定VSボトムアップな意思決定
  4. 短期的な実験VS長期的な戦略

にあり、それぞれに関して具体例を入れながら持論を展開しました。

シリコンバレーのIT企業によく見られるプロダクトフォーカスな組織体制も、一朝一夕で作られたものではなく、凡ゆる場面でデータドリブンな判断が全ての組織で出来るような土壌作りをしています。その一例がデータミーティングです。

データミーティングとは、生データを持ち寄ってエグゼクティブとエンジニアが丸テーブルにあつまりデータの事のみを話すミーティングです。アウトプットとして何かがなくても良い、数少ないオープンエンドなミーティングで、シリコンバレーの企業では大企業、スタートアップ関わらず多くが導入しています。

弊社でデータミーティング早見表を作成してお見せしたところ多くの方が関心を持たれていました。

 データミーティング早見表

データミーティング早見表

オープニングの講演は東大准教授の松尾豊先生でした。

私も松尾先生の著書は殆ど読んでいたのですが、講演を聞くのは初めてだったため楽しみにしていました。非常に分かりやすくDeep Learningの話を展開されていて、同時に先生が今取り組まれている日本ディープラーニング協会の話など伺うことができとても有意義でした。協会で開発されているテストは今後日本でのAI技術に対する認知と底上げをするのに役に立つと感じました。

 

 松尾豊先生と講演前に。

松尾豊先生と講演前に。

IMG_3579.JPG
F34528AC-13FA-4276-9B87-889BC7CBF84B.JPG