RStudio::Confシリーズ

こんにちは、CTOの長谷川です。 

Rプログラミング言語について開発者が集い最新の事例紹介やツール紹介をする、RStudio::Confというカンファレンスに参加しました。RStudioとは、Rプログラミングをする際に使うアプリです。ワードを起動して文章を書くように、RStudioを起動してRのコードを書き、実行します。2日間に渡り南カリフォルニアのサンディエゴで開催されました。

 参加者の登録ブース。無料でTシャツを配布している。 

参加者の登録ブース。無料でTシャツを配布している。 

内容を大きく分類すると、以下の通りです。

  • Rの中でも利用度がかなりたかまっているライブラリである「tidyverse」について
  • Rを使って分析や機械学習のモデルを作る事例紹介 
  • 各エンジニアが独自に開発したパッケージの紹介 

70個以上のプレゼンテーションを2日間でこなすため、3部屋に分かれて実施されました。全部のプレゼンを見ることは物理的に不可能なので、ある程度的を絞って見に行く必要があります。

 プレゼンテーションの   予定表 

プレゼンテーションの 予定表 

 大物スピーカーとしては、ggplot2という図表作成のためのパッケージを開発し、tidyverseの中心的人物であるHadley Wickham氏、RStudioの創業者であり近年TensorFlowをRから使えるようにしたJ. J. Allaire氏、StitchFix社のChief Algorithm OfficerであるEric Colson氏などがプレゼンテーションをしていました。

Rはオープンなコミュニティで、言語自体が拡張しやすくできているため、多くのエンジニアが新しいパッケージを開発してはRの有用性を高めていると感じました。例えば、Rで時系列のデータを分析し易くする「tibbletime」や、機械学習のモデルを学習させるときに、クロスバリデーションをし易くするrsampleなどが紹介されていました。 

 オープンなコミュニティのもう一つの利点は、多様性です。R言語を20年以上使っているという人もいれば、使い始めて1年未満という人もいました。私が話した参加者は、例えば教育委員会、保険業界、ファイナンス、メディア、大学教授など、多様な業界から来ていると感じました。

  キーノートの様子。多様な参加者が世界中から集まっている。

 キーノートの様子。多様な参加者が世界中から集まっている。

様々な先進事例やRの使い方についての示唆を得られるカンファレンスでした。1つのブログ記事ではとてもカバーしきれないので、シリーズ化して、プレゼンテーションの中でもとくに面白かったものなどを紹介していきます!講演のタイトルなどはカンファレンスのスケジュールから見れますので、とくに知りたい内容などがあればコメントに入れるか、直接ご連絡ください。乞うご期待。