アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.

メディア掲載実績MEDIA ACHIEVEMENTS

パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > メディア掲載実績 > 毎日新聞 「経済観測」コラム掲載 カーブ平坦化 実現のために

毎日新聞 「経済観測」コラム掲載 カーブ平坦化 実現のために

2020/04/17 メディア掲載実績 
by 関口 美和 

カーブ平坦化 実現のために

米国では新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、「カーブの平坦(へいたん)化」という単語を毎日ニュースで聞くようになった。感染者数の増加に歯止めがかかりつつあるのか。都市封鎖はいつどのように解除されるのか。ルールが変わり続ける終わりの見えない試合を強いられているようで疲弊する毎日だが、シリコンバレーやシアトルの巨大IT企業が積極的な取り組みを発表した。

アップルとグーグルは10日、プライバシーを守った上で、無線通信規格「ブルートゥース」を利用した感染者接触追跡ツールをスマートフォンに組みこむ構想を発表した。スマホの基本ソフト(OS)市場を独占する2社が協働することの公衆衛生的意味は大きい。あるユーザーの感染が判明した際、過去14日間のユーザーの位置情報を割り出し、感染の恐れがある近距離にいた人を抽出、その人たちに通知をする仕組みだ。プライバシーの問題が懸念されるものの、民主党大統領候補者のジョー・バイデン氏も12日のニューヨーク・タイムズ紙への寄稿で、都市封鎖解除のためにも「公衆衛生当局は効果的な疾病監視を実施する必要がある」と述べた。今後投資をしなければいけない領域であることは間違いないだろう。

シンガポールや香港、台湾などでは、接触追跡技術を駆使して効果を出している。例えば台湾では、接触追跡をするだけではなく、重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時の経験を生かして住民の渡航歴や税関のデータと住民医療データベースをリアルタイムで統合している。他国の成功事例をそのまま米国や日本に当てはめることはできないが、データの活用が社会の危機を救うことにつながる可能性を信じて、前向きかつ迅速な対応が求められている。

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。また、毎日新聞「石角友愛のシリコンバレー通信」、ITメディア「石角友愛とめぐる、米国リテール最前線」など大手メディアでの寄稿連載を多く持ち、最新のIT業界に関する情報を発信している。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com
※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO MEDIA
« »
PAGE TOP