アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.

ブログBLOG

パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > ブログ > 飲食チェーン店の課題と解決策:PALO ALTO INSIGHT METHODS ケーススタディ01

飲食チェーン店の課題と解決策:PALO ALTO INSIGHT METHODS ケーススタディ01

2022/04/28 ブログ 
by kohei 

AI導入やDX推進を本気で考えている方向けに

架空の企業をもとにケーススタディでお伝えする
PALO ALTO INSIGHT METHODS

 

これまで100社以上にDXやAI導入をサポートしてきたパロアルトインサイトだからこそ見える、企業が抱える共通の課題や、各業種ごとに想定できる課題への解決策を、架空の企業をもとにケーススタディでお伝えする、PALO ALTO INSIGHT METHODS

架空の企業が抱える様々な課題を通し、課題への取り組み方やアプローチ、必要となるデータ、そしてPALO ALTO INSIGHT流 解決策をまとめました。

最新のPALO ALTO INSIGHT METHODS は、過去に弊社ウェビナーへ参加を希望された方を対象に隔週で配信しております。この機会にぜひニュースレターへご登録ください。
本メールマガジンについて疑問や質問、ご要望等がありましたらいつでもご連絡ください。

 

Case Study 01: 飲食チェーン店

架空の飲食チェーン店の場合

全国に100店舗構えるチェーン店。新人研修やマニュアルは準備されており、新人教育はうまくいっているが、人材不足に悩んでいる。

POSシステムを導入済み。日毎の売上、月ごとの売上はPOSシステムより確認が可能。Google map など外部サイトのデータを確認する際には、サイトへ直接アクセスし確認している。

課題:データの活用と分析

POSシステムから確認できる月次の売上など基本的な数値は管理できているものの、POSシステムを最大限活用し取得できるデータを分析することができていない。マネージャーが日々の業務に追われ、数値を分析し改善策へ落とし込む時間を十分に取れていない

課題:顧客レビューの分析

改善を図るためのレビュー分析、改善策の思案、実施策の策定に、マネージャーが管理業務に追われ手が回っていない。


タブレットオーダー機を導入し、お客様からのオーダーはタブレットを通して受ける。

課題:商品の効果的なオススメ

在庫の回転を良くすることや、売り上げアップを目的としたおすすめ商品を紹介できていない。スタッフに落とし込むのは困難であり、何回おすすめしたか集計することができず効果測定を実施できない。


各店舗のマネージャーが食品在庫を管理している。発注する際は、発注用紙に発注量を手書きで記載し、卸業者へFAXしている。発注した用紙は発注ファイルへ保管し、月ごとにまとめて入力作業を行なっている。

課題:在庫/発注管理の時間的コストとノウハウ共有

食材のオーダーはFAXで行っており、発注書の管理に手間と時間がかかっている。オーダーミスにつながったり、誤発注などトラブルが発生することがある。食材在庫の管理はマネージャーがカレンダーを週末や祝日の混雑具合を予想した上で発注しているため、予想が外れた時は過剰在庫になってしまい廃棄してしまうこともある。発注する際の混雑具合の予想はマネージャーに依存しており、一般のスタッフが発注するためのノウハウの共有が困難


各スタッフからのシフト希望を各店舗のマネージャーがメッセージチャットでもらって調整し、シフト管理ファイルへ手入力して毎月のシフトを作成する。

課題:シフト管理の時間的コスト

シフト管理は平日、祝日と稼働人数が大体決まっているものの、日によっては思った以上に忙しくなったり、逆にスタッフ過多の日がある。シフトの希望日の管理はチャットなどテキストでもらっていて、シフト調整に時間がかかる。


 

POS システムから取得できるデータを使用し、需要予測モデルを作成する。それにより、売上予測在庫の最適化が可能となることによって、解決策②「在庫/発注の最適化」や、解決策③「シフト管理システム」へとつながりコスト削減や効率化が実現し、経営へ大きなインパクトが生まれる。


売り上げ予測に基づき最適化された在庫数をモデルが提示するため、発注の意思決定が明確化され、店舗スタッフ全員が共通して認識できるようになる。マネージャーが変わったとしても、ノウハウを引き継ぐことができる。在庫数が最適化され、廃棄ロスが減る。FAXの発注際も、システムからオーダーシートの作成と送信が可能となり、オーダーの手間が省ける。また、オーダーのデータを保存できるため、FAXの保管も不要となる。


シフトの希望もネットで管理できるため、手間が省ける。また、売上予測に応じ店舗の忙しさを考慮し最適な人数をシステムが提案するため、その人数に合わせてシフト管理できるようになる。


おすすめ機能をタブレットへ追加することで、その日ごと、在庫の状態などを加味したおすすめ商品を提示できる。在庫の回転率を高めたり売上アップが期待できる。


Google map や、食べログなど、レビューサイトから自動でレビューを収集できるシステムを構築することで、レビューで指摘のあった箇所や、顧客重要を素早く検知し、迅速な対策を行うことが可能となる。

 


 

最後までお読みいただきありがとうございます。
ケーススタディからヒントは得られましたでしょうか?
自社の課題と比較し疑問に思ったことはございませんでしょうか?

パロアルトインサイトへ気軽にご相談ください。

AI導入の無料相談
AI導入をご検討中の場合は無料で相談に応じます。

 

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。また、毎日新聞「石角友愛のシリコンバレー通信」、ITメディア「石角友愛とめぐる、米国リテール最前線」など大手メディアでの寄稿連載を多く持ち、最新のIT業界に関する情報を発信している。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com
※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO BLOG
« »
PAGE TOP