アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.
メディア掲載実績MEDIA ACHIEVEMENTS
パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > メディア掲載実績 > ビジネスインサイダー > 衰退したアメリカのモノづくり産業、テック業界のアプローチ導入で復活となるか

衰退したアメリカのモノづくり産業、テック業界のアプローチ導入で復活となるか

2023/03/23 メディア掲載実績, ビジネスインサイダー 
by PALO ALTO INSIGHT, LLC. STAFF 

Airbnb創業者がつくった建築スタートアップは「住宅版テスラ」になるか…モノ作り“衰退国”アメリカの勝ち筋 – ビジネスインサイダー寄稿記事掲載

カリフォルニア州フリーモントのテスラ工場の様子(2016年)。
REUTERS/Joseph White/File Photo

こんにちは。パロアルトインサイトCEOの石角友愛です。今回は、アメリカのオハイオ州で2月に起きたノーフォーク・サザン鉄道の貨物列車脱線事故を例に、優秀な人材がソフトウェア産業に流れる中、どのようにアメリカのものづくり産業を建て直すべきかについてお話したいと思います。

日本ではあまり報道されていませんが、アメリカのオハイオ州イーストパレスチナで2023年2月3日、鉄道の脱線事故が起きました。これにより、塩化ビニールを含む危険な化学物質を積んだ38台の列車が脱線し、環境への悪影響が問題視されています。3月14日には、同州司法長官が、オハイオ州が鉄道会社を提訴したと発表しました。同州司法長官は、この事故について「完全に回避可能な問題だった」と述べています。

そして、この事故をきっかけに、意外にもソフトウェア業界からものづくり産業の衰退を嘆く声が上がるようになりました。例えば、元コインベースCTOのバラジ・スリニヴァサンがその一人です。

バラジ氏は、アメリカにおいて、近年では優秀な人材の多くが「権威ある仕事」として金融、法律、医学、政治、あるいはソフトウェア工学といった職に流れており、結果としてものづくり・建築・電気系といったインフラに関わる人材が減少している傾向が見られるという点を指摘しています。

そして、このことが原因で、建築物やインフラのメンテナンスの質が低下したり、インフラそのものが劣化したりしているのだと結論付けています。

優秀な人材が不足することで引き起こされる問題は、単純なインフラ劣化の加速だけではありません。優秀な人材が製造業に流れないことによって、メンテナンスの質自体が低下してしまうことも重大な問題です。

NBCニュースの報道によると、米国の主要な鉄道会社では、利益を追求するために列車の長さを伸ばしているにもかかわらず人員削減が行われており、2011年から2021年にかけて、機器のメンテナンスを担当する労働者は40%近く、列車の運転士は27%近く減少しているといいます。そのため、冒頭でご紹介したノーフォーク・サザン鉄道の脱線事故も、人員不足が原因で引き起こされるヒューマンエラーやメンテナンスが不十分なことなどが原因で引き起こされたと考えることもできるでしょう。

アメリカのものづくり業界の課題

REUTERS/Randall Hill/File Photo

アメリカのものづくり業界はさまざまな課題を抱えていますが、代表的なものは以下の通りです。

https://www.paloaltoinsight.com/membership-checkout/?level=4
https://www.paloaltoinsight.com/membership-checkout/?level=4

 PAIoneerPRO会員に登録 ▷ 
PAIoneer PRO
詳細はこちら

 会員の方はログイン▷ 

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。東急ホテルズ&リゾーツ株式会社が擁する3名のDXアドバイザーの一員として中長期DX戦略について助言を行う。

AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。

毎日新聞、日経xTREND、ITmediaなど大手メディアでの連載を持ち、 DXの重要性を伝える毎週配信ポッドキャスト「Level 5」のMCや、NHKラジオ第1「マイあさ!」内「マイ!Biz」コーナーにレギュラー出演中。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO MEDIA
« »
PAGE TOP