アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.
ブログBLOG
パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > ブログ > 今こそ知りたい『NVIDIA』〜どんな企業?将来性は?〜
今こそ知りたい『NVIDIA』〜どんな企業?将来性は?〜
2024/06/05 ブログ, PAIoneer PRO, The Insight 
by 関口 

今こそ知りたい『NVIDIA』

〜どんな企業?将来性は?〜

 

今週のテーマ:注目カンパニー

日本時間5月23日早朝の決算発表を受けて株価が最高値を更新したNVIDIA(エヌビディア)が話題です。今回の記事は、NVIDIAがAI開発においてどのような立ち位置にあるのか、時価総額の推移、注目されている理由、直近の決算内容を受けた株価上昇の背景、そして同社の将来についてなど、NVIDIAの概要を掴んでいただけるよう要点をまとめてお届けします!

💡 この記事から得られる3つのナレッジ

・直近の決算内容と株価上昇の背景

・注目される理由と成長の要因

・今後の見通し

目次

直近の決算内容と株価上昇の背景

時価総額の推移と急成長

注目される理由と成長の要因

AI分野におけるNVIDIAの立ち位置

NVIDIAの特徴「ファブレス(fabless)」とは

NVIDIAの将来性

まとめ


 

NVIDIAは、AI(人工知能)とグラフィックス技術の分野でリーダーシップを発揮している企業です。最近、その株価は驚異的な上昇を見せており、時価総額も急上昇しています。この記事では、NVIDIA好調の裏にあるAI開発における立ち位置や時価総額の推移、注目されている理由、直近の決算内容を受けた株価上昇の背景、そして同社の将来について詳しく見ていきます。

直近の決算内容と株価上昇の背景

2024年5月に発表されたNVIDIAの2025年度第1四半期決算は、市場予測を大きく上回りました。売上高は過去最高の 260 億ドル4400万ドル(約4兆800億円)を達成。これは第 4 四半期比 18%増、前年同期比 262%増という驚異的な数字です。

また純利益(GAAP)は148億8100万ドル(約2兆3300億円)となり、売上高、純利益ともに過去最高を更新し、アナリストの予想を上回ったことで株価は急上昇しました。この決算内容の背景には、データセンター向け製品の売上増加と、ゲーミング市場の回復があります。また、NVIDIAはAIチップ市場でのリーダーシップを強化するための戦略的投資も続けています。

時価総額の推移と急成長

NVIDIAの時価総額もまた、ここ数年で劇的に増加しています。2016年には約500億ドルだった時価総額が、2024年第一四半期の決算発表後には約2兆8,000億ドルに到達。そこからさらに米国時間の6月5日には時価総額が3兆120億ドル(およそ468兆円)にまで急騰し、アップルの3兆30億ドル(およそ467兆円)を抜いて世界で2番目に時価総額の高い企業となりました。

NVIDIAの2014年からの時価総額推移のグラフ(著者作成)

データ出典:https://companiesmarketcap.com/nvidia/marketcap/#google_vignette

注目される理由と成長の要因

NVIDIAがここまで注目されている理由は、その技術革新の速度と市場の変化に柔軟に対応する能力にあります。AI技術が発展し、医療、金融、自動運転車、エンターテインメントなど多くの産業で重要な役割を担う場面が増えるほど、それを支えるNVIDIA製品の需要も増しているのが、今の状況です。さらに、NVIDIAは継続的に新製品を投入し、競争力を維持しています。また、NVIDIAはデータセンター向けGPUの需要増加にも対応し、クラウドコンピューティングの分野でも大きなシェアを獲得しており、市場のニーズを的確に捉えて売上を伸ばしていることがわかります。

実際に、直近の決算で発表されたデータセンター収益は226億ドル(約31兆6400億円)で、前年同期比で427%の増加を達成しています。

AI分野におけるNVIDIAの立ち位置

次に、NVIDIAがAI業界でどのような立ち位置にいるのかを見てみましょう。

https://www.paloaltoinsight.com/membership-checkout/?level=4
https://www.paloaltoinsight.com/membership-checkout/?level=4

 PAIoneerPRO会員に登録 ▷ 
PAIoneer PRO
詳細はこちら

 会員の方はログイン▷ 

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。東急ホテルズ&リゾーツ株式会社が擁する3名のDXアドバイザーの一員として中長期DX戦略について助言を行う。

AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。

毎日新聞、日経xTREND、ITmediaなど大手メディアでの連載を持ち、 DXの重要性を伝える毎週配信ポッドキャスト「Level 5」のMCや、NHKラジオ第1「マイあさ!」内「マイ!Biz」コーナーにレギュラー出演中。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『AI時代を生き抜くということ ChatGPTとリスキリング』(日経BP)『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

実践型教育AIプログラム「AIと私」:https://www.aitowatashi.com/
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com

 

※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO BLOG
«
PAGE TOP