パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.

ブログBLOG

パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > ブログ > Figmaによるコラボレーション

Figmaによるコラボレーション

2020/05/05 ブログ 
by ユカ リビングストン 

こんにちは。UXデザイナーのリビングストンです。

先週、Remote Design Weekカンファレンスに参加しました。今の状況ですから、オンラインでのカンファレンスでした。

実はこのRemote Design Weekカンファレンス、三週間前に実施が決まり、そこからスピーカーを探したりするなど、なんとか開催することができたそうです。このカンファレンスの目的の一つは、UXデザイナー間の知識・情報を交換することです。また、世界各国からデザイナーが参加し、互いに支え合い、デザイナーコミュニティーの連帯を強めるという思いもあります。今までオフィス勤務だったが、コロナ感染拡大の影響で在宅勤務にシフトせざるおえなくなったデザイナー、またはリストラされてしまったデザイナー、新卒で仕事を探しているデザイナーの方も参加していました。このようなデザイナーコミュニティーの存在は、私にとって心強いものです。

新型コロナで多くの人が在宅勤務に移行したためか、今回のカンファレンスでは「リモートワークにおける〜」といった「リモートワーク」に関連したセッションが多かったです。スピーカーはSlack, Figma, Google, Adobe, IBM, Dribbble, miroといった経験豊富なデザイナーでした。今回このブログではFigmaデザインチームによるAnyone with the link: Remote Design with Figmaのセッションで学んだこと、感じたことを記そうと思います。

Figmaはサンフランシスコに本社がありプロトタイプデザインツールを提供しています。Figmaの他にも有名なSketch, AdobeXDといったツールがありますがFigmaはまだ新しいので使ったことがないというデザイナーも多くいます。私はSketchとAdobeXDも使用したことがありますが、Figmaを一度使ってからは、ダントツに使いやすいという理由で他のツールに戻れなくなりました。

このAnyone with the link: Remote Design with Figmaのセッションでは、コロナで在宅勤務になった今、Figmaによって可能になるチームメンバーとのコラボレーションの相乗効果についてがメイントピックでした。内容は大きく分けて3つ。

 

Webベースのアプリケーションがもたらすコラボレーション

他のデザインツールと違ってFigmaはWebベースのアプリケーションです。デザイナーがプロジェクトのリンクをプロジェクトに携わるメンバーに共有することで、メンバーはファイルへアクセスし、リアルタイムでデザインを閲覧、コメントすることができます。つまりはブラウザ上でファイルの閲覧、編集ができるのです。ですからどこからでもリンクさえあれば簡単にファイルへのアクセスができます。わかりやすくいえば、Google documentのような機能です。

デザイナー、エンジニア、マネージャー、またはCEOなどが同時にファイルを閲覧可能。

どこからでもブラウザ上でアクセス可能。

 

コラボレーションによってチームのコミュニティーを強める

プロジェクトだけのためのFigmaではなくコミュニティーのためのFigma。Figmaではデザイナーが15人ぐらい在籍しているらしく、彼らはプロジェクトだけではなくコミュニティーを強めるためにもFigmaを使っているということでした。例えば、それぞれの誕生日には、みんなでFigmaで誕生日ボードを作ってメッセージを添えたり、または月曜日はミーテイングのはじめに週末にしたことを共有したり、簡単なゲームをしたりするそうです。在宅勤務ですと、個々に仕事だけして、チームメンバーとは仕事以外のコミュニケーションはしなくなりがちです。仕事以外のことを互いに共有することでより良い健全的なコミュニテイーに繋がると学びました。

Figmaのデザインチームによる誕生日ボード

 

コラボレーションによる効率化

今までのデザインプロセスは、デザイン作業→ミーティングやプレゼンの場でシェア(フィードバックをもらう、デザイン訂正/やり直し)→デザイン作業という流れが主流だったのではないでしょうか。この場合、ミーティングやプレゼンの場でチームとのデザインの意図の行き違いが起き、時間のロスにつながることもありえます。しかし、Figmaの場合、先ほどお話したように、プロジェクトの早い段階から目に見える形でデザインファイルのリンクをシェアできるのでデザインの意図の共有もしやすくなり、作業効率を上げることが可能です。

メンバーがリアルタイムでデザインの気になる箇所にコメントを入れることもできる為、その場でデイスカッションをしたり修正作業を行えることが大きな利点だと思いました。すでに初期段階からチームにデザインをシェアしているからこそ、プレゼンの際に思ってもみなかった行き違いを避けられるのも効率化に役立ちます。そしてマネージャー、データサイエンティスト、エンジニアと違う分野のメンバーから、初期段階で彼らの視点やフィードバックをもらえることで無駄なデザイン作業を省くこともできます。

 

パロアルトインサイトでのFigmaによるコラボレーション

チームメンバーからのコメント

弊社、パロアルトインサイトでは、AIビジネスデザイナーやデータサイエンティストみんなでFigmaを使い協働しています。弊社の場合は、Figmaに加えてSlack(チャットツール)を併用することにより、より良い協働が生まれています。テクニカルなことはFigmaのファイルにコメントを入れてもらい、デザインに関する課題や複雑な案件に関してはSlack上で議論する形です。このようなコラボレーションが可能ですので、全員が集まってデザインについてミーティングする必要がなく、仕事の効率も上がります。

Figmaで可能になるコラボレーションは弊社内だけに留まりません。例えば、弊社でAI開発をなさっているクライエント様にデザインファイルのリンクをシェアさせていただき、ご意見、ご感想を初期段階からコメントしていただくことにより、よりクライエント様のニーズに合ったデザインを提供させていただくことができます。

 

最後に

FigmaのスピーカーThomas Lowryが最後に述べたのは “We are all designers and great ideas can come from anyone” にはとても考えさせられました。もちろん、デザイナーがデザインを担当しますが、AIビジネスデザイナー、マネージャー、データサイエンティスト、エンジニア、全員により、デザイナーが思いつかなかったようなアイディアが創出されうるコラボレーションの場をFigmaは作ったのだと理解しました。デザイナーにとって、デザインのマスターをメンバーが編集できたり、デザイン途中の過程を見られることは心地よくはないかもしれません。しかし、初期の段階からデザインをオープンにすることで様々な役割の人々の感性を共有できる仕組みは、デザインという枠を超えてそれぞれ企業が抱えている問題の解決につながり、企業をさらに発展させる可能性を持っていると私は感じました。

そんな魅力的なデザインツールFigmaのさらなる進化が楽しみです。

 

BACK TO BLOG

NEWSLETTERニュースレター

ブログ記事を最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。
弊社ニュースレターにご登録いただくと、
このブログの最新記事や、
シリコンバレーの最新AI事情、
お得なキャンペーン情報について
お知らせいたします。
また、アップルやアマゾンなどで
経営陣が実施しているデータ会議の
回し方が分かる早見表を
無料でダウンロードできる
リンクもお送りします。

PAGE TOP