パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.

ブログBLOG

パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > ブログ > 台湾の事例を通して知る、重要なDXの導入姿勢 – 書籍紹介 vol.2

台湾の事例を通して知る、重要なDXの導入姿勢 – 書籍紹介 vol.2

2021/10/14 ブログ 
by kohei 

パロアルトインサイトCEO石角友愛が読み、お勧めする「AI」や「DX」にフォーカスを当てた書籍を紹介してまいります。
紹介した本を通してAI/DX時代の知識・キャリア・思考法を伝えてまいりますので、DX/AI時代を生き抜く戦略を一緒に磨いていきましょう。

「デジタルとAIの未来を語る」

著者:オードリー・タン
台湾政務委員デジタル担当

 この本は非常に売れているので読んだ方もいらっしゃるかと思うんですが、私がアメリカにいる間にこの本が日本ですごく流行ってるのを知り、読みたいなとずっと思っておりました。2021年の初夏に日本に帰国した際の2週間の待機期間の間、たくさんの日本の本を購入し読んでおりましたがAIとかDXの本はたくさん読んだ中でも一番面白かった本がこのオードリータンさんの本でした。読み進めていく中でたくさん線を引いたり、ページを折ったりし、非常に感銘を受けた本だったので今回皆さんへ紹介させてください。

 オードリータンさんは本当に素晴らしい経歴の持ち主です。

1981年台湾で生まれ、幼い頃からコンピューターに興味を示して12歳でパールを学び、15歳で中学校中退プログラマーとしてスタートアップ企業数社を設立されました。
2005年にはプログラミング言語 perl 6 (現Raku)開発への貢献で世界から注目を浴びました。
そして、同年にはトランスジェンダーであることを公表し女性の性別意向を開始。
2014年にはアメリカのアップルでデジタル顧問に就任し、Siri などの高レベルの人工知能のプロジェクトに携わっておられました。
35歳の史上最年少で2016年10月より行政院内閣に入閣。
現在は政務委員デジタル担当として部門を超えて行政や政治のデジタル化を主導する役割を担っていらっしゃいます。

 この本のポイントとして私が皆さんに伝えたいのが、AIの技術的な未来の話というよりもAIと人間がどのように共存していくべきなのか書かれているということ。AIというと人工知能: Artificial Intelligence と皆さん理解していると思うんですけれども、オードリーターンさんはAIというのは Artificial Intelligence ではなくてAssistive Intelligence = 補助的知能とし、人間のいろいろなことを補助するようなツールであり機械であるべきだというビジョンを書かれています。人間がAIによって補助、補佐されるような生き方、そして、それが実現できるような社会とはどんなものかというお話を、オードリータンさんが台湾でおこなっている様々なことを紹介している本です。

 台湾はコロナウイルスの第一波をロックダウンなしで乗り切ったことは日本メディアでも多く報道されておりました。皆さんも台湾がどのようにこのコロナウイルスのパンデミックの中でデジタル推進を進め、乗り越えていったのかということをご存知の方も多いと思います。パンデミックが始まった当初、台湾ではマスクを買いだめしてしまう人がたくさんあふれたそうです。その買いだめを防ぐため、人々がマスクを何個買ったかトラッキングする必要がありました。クレジットカードの利用履歴をトラッキングするという案もありもありましたが、クレジットカードを使わないような高齢者の方、現金でお支払いをすることを好むような人達に対して、どのようにトラッキングをするかという点が課題でした。そこで台湾は、国民健康保険証のようなものをレジで提示すればマスクが買えるという新しいプロセスを導入しました。技術をトップダウンで導入し提供するのではなく、人に寄り添う形で人に優しい技術導入を推進させた経緯を本の中で書かれており、すごく大事な姿勢だなと私はすごく感銘を受けました。

 日本でも9月からデジタル庁が始まりました。行政の手続き、そしてマイナンバーなど、色々なところでデジタル推進が行われるようになると思います。エンドユーザーである私たち国民に寄り添って誰一人取りこぼすこすことのないようDXを推進するというビジョンが大事なんだと、私はこのオードリータンさんの本を読んで感じました。

BACK TO BLOG

NEWSLETTERニュースレター

ブログ記事を最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。
弊社ニュースレターにご登録いただくと、
このブログの最新記事や、
シリコンバレーの最新AI事情、
お得なキャンペーン情報について
お知らせいたします。
また、アップルやアマゾンなどで
経営陣が実施しているデータ会議の
回し方が分かる早見表を
無料でダウンロードできる
リンクもお送りします。

PAGE TOP