パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.

メディア掲載実績MEDIA ACHIEVEMENTS

パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > メディア掲載実績 > flier(フライヤー) 記事掲載/「小分け」と「ルーティン化」で自分と組織をアップデートせよ【石角友愛と読む一冊】『仕事のアンラーニング』

flier(フライヤー) 記事掲載/「小分け」と「ルーティン化」で自分と組織をアップデートせよ【石角友愛と読む一冊】『仕事のアンラーニング』

2021/10/28 メディア掲載実績 
by PALO ALTO INSIGHT, LLC. STAFF 

「小分け」と「ルーティン化」で自分と組織をアップデートせよ
【石角友愛と読む一冊】『仕事のアンラーニング』

ビジネスの「反対側」に立ってみれば、見える世界が変わる

『仕事のアンラーニング』を取り上げた理由は、「アンラーニング」はまさに今の時代に求められている考え方だと感じたからです。

アメリカでは近年、「大学4年間で勉強したことを40年間にわたって使う」時代から「4年間かけて学んだことを、その次の4年間のキャリアで使う」時代になっているといわれています。スキルをはじめとして、自分を常に新しくアップデートする必要があるのです。

アップデートといっても、必ずしも「MBAを取得する」などといった大きなことに挑戦する必要はありません。もっと小さなゴール、たとえば「新しいツールを使えるようになる」といった粒度のものでも、大きなスキルアップにつながるでしょう。

「反対側の立場の人間になること」に挑戦するのもおすすめです。サービスを「提供する側」と「提供される側」では、見えている世界が180度違いますよね。提供する側にまわってみると、新たな世界が広がっているはずです。YouTubeをただ受動的に見ている側からYouTuber側にシフトして、企画・撮影・結果分析をやってみるのもいいかもしれません。

IT業界に飛び込んだのは、本能に逆らえなかったから

私は2010年にハーバード・ビジネス・スクール(HBS)を卒業しました。卒業後の進路として、グローバル系コンサルティング企業の日本拠点からオファーをいただいていたのですが、このオファーを受けるべきか、やめておくべきか、本当に迷っていたのです。

コンサルティング企業に入社すれば、安定した生活が送れることは間違いありません。しかしHBSでの勉強を通して、それまで未知の世界だったIT業界に身を置きたいという気持ちが芽生えてきていました。

グーグルで働きたいという夢もありましたが、コネも実務経験もない。さらには当時妊娠中で、予定日も迫っている。コンサル風にリスクベネフィット分析をすると、日本に帰り、コンサル企業に入社したほうがいいのは明らかでした(笑)。

迷いに迷ってHBSの教授にすべてを打ち明け、相談したところ、「何を馬鹿なことをいっているんだ。MBA留学を経験した後は、どんな企業もあなたのことをゼロベースで判断してくれる。だからここに来たんでしょう?」といわれてハッとし、ITの道に進むことを決意しました。理屈ではコンサルティング企業に就職したほうがよかったのでしょうが、「はじめてのことに挑戦したい」という本能には逆らえませんでしたね。

アンラーニングのコツは「小分け」すること

新しい仕事、新しい土地、そして出産という新しい経験。当時の私には、3つの新たな変化が同時に訪れたことになります。

未経験の業界に進んだら、大きな失敗をしてしまうかもしれない。まずは小さく試してみよう――そう考えた私は、コンサルティング企業からのオファーをキープしたまま、1か月間だけシリコンバレーに住んでみることにしました。「シリコンバレーの雰囲気を感じてみよう。嫌なら日本に帰ればいいんだから」と自分に言い聞かせて。

現地に住んでみると、すぐにあの街に恋をしました。道路に“Google”など、象徴的な企業の名前がついているんです! ワクワクがとまらず、シリコンバレーにとどまることを決めました。

何か新しいことをはじめたり、古い経験をアンラーニングしたりするとき、「確実なものを残しながら、小分けして挑戦する」というのは有効な方法だと考えます。転職したいと思ったら、その業界に関する本をたくさん読んだり、転職したい業界で働いている友人に話を聞いてみたり、副業で飛び込んでみたり……まずは小さくトライしてみましょう!

こうしたキャリアの考え方については、著書『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』に書いているので、ぜひキャリアを考えるきっかけにしていただければと思います。

組織ではアンラーニングを「ルーティン化」する

私がCEOを務めるAI開発会社、パロアルトインサイトでは、学習コストを払ってでも、常に新しい技術や考え方、アプローチ、ツールにトライしています。

「うまくいっているなら、現状維持でもよいのでは」と疑問に思う方もいるかもしれません。たしかにアウトプットを最大にするなら、「同じことをひたすら繰り返す」のが近道でしょう。ただ、凝り固まった過去のやり方をベースにすると、機会損失になりますし、正しいアプローチが生まれないことが多いんですよね。

私の会社でも、エンジニアたちに「仕事に直結していない学術論文」を選んでプレゼンしてもらい、それをビジネスに生かす方法について話し合う場を週に1回設けているのですが、この習慣もアンラーニングの一環といえるかもしれません。現状に満足しないために、いわば「変えることをルーティン化」しているのです。

【編集後記】
新しい仕事、新しい土地、そして出産という新しい経験。3つの大きな変化を同時に経験した石角さんのアドバイスは、胸に迫るものがありました。

「確実なものを残しながら、小分けして挑戦する」は、仕事のみならず、プライベートでも使えます。石角さんはコロナ禍で「突然、アウトドアにハマった」そうですが、アウトドアに興味を持つと、まずアウトドア関連書籍をたくさん読んだのだといいます。キャンピングカーの構造やタイプを系統立てて把握し、その全体像を理解したあと、「どの車種が自分にとってベストなのか」を考えたとおっしゃっていました。

何かに挑戦したいとき、まずは本を読んで、その分野の見取り図を頭の中にインストールする――誰にでもできて、かつ効率のよい方法です。AIやDXに関心のある方は、石角さんのご著書を読むことからはじめてみませんか?

BACK TO MEDIA
PAGE TOP