パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.

メディア掲載実績MEDIA ACHIEVEMENTS

パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > メディア掲載実績 > 毎日新聞・経済プレミア 「石角友愛のシリコンバレー通信」
生涯所得に数億円の差 大学は戦略的に選ぶ時代に

毎日新聞・経済プレミア 「石角友愛のシリコンバレー通信」
生涯所得に数億円の差 大学は戦略的に選ぶ時代に

2021/11/16 メディア掲載実績 
by PALO ALTO INSIGHT, LLC. STAFF 

生涯所得に数億円の差 大学は戦略的に選ぶ時代に

先日、米国人の知人から相談を受けた。大学3年生のご子息がやる気をなくしているという。大学に入学して半年ほどで、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のため休校になった。大学2年生の1年間は全てオンラインで授業を受け、今年の9月から再び学校が開講してキャンパスに戻ったものの、調子が出ないのだという。

就職活動を控え、将来のことも考えなければいけない中、どのように自信を取り戻せばよいか悩んでいるということだった。また、別の知人からは、ご令嬢が4年制の有名私立大学を数学専攻で卒業したにもかかわらず、パンデミックで就職先が決まらずに困っていると相談を受けた。

学費は高騰

パンデミックで大学教育のあり方が問われ始めているのは事実だ。大学ランキングを発表している米誌USニューズ・アンド・ワールド・リポートによると、米国の私立大学の場合、平均的な学費は年間3万8000ドル(約430万円)と言われており、ほとんどの学生が学生ローンを組んで通っている。

学生ローンの焦げ付きは社会問題にもなっている。また、州立大学の学費も年々高騰しており、州の出身者は年間1万ドル、州外から進学の場合は年間2万3000ドルだ。

学費高騰の背景には、大学側がランクを意識してスポーツ設備などを拡充していること、世界中の優秀な学生に志願してもらうための広報や試験などの費用増加、大学運営に関わる事務員らの人件費増加、州政府からの補助金減額、学費援助の種類が広がったこと――などが挙げられ、多面的な問題になっている。

大学の費用対効果

高騰する学費に対して、それに見合ったリターンが果たしてあるのだろうか。そう考える米国人が増えている。

例えば私が最近、知り合った技術者たちの中には、大学を中退している人も少なくない。大学でコンピューターサイエンスを体系的に学ぼうと進学したが、1年足らずで「これは自分の学びたいことではない」と考え、中退。その後、プログラミングを独学で習得、3カ月ほどの集中講座に通い、今ではIT企業でフルタイムエンジニアとして働いている。

大学4年間の学費と機会コストを考えると、このように早い段階で見切りをつけて就職をし、給料をもらいながら実践的なスキルを身につけた方がよいと考える人が多くなっていることにもうなずける。

専攻こそが大事な要素

また、経済的機会が少ない人々の支援を目的とした非営利のシンクタンクFREOPP財団の調査結果は興味深いものがある。これは1775校の大学が提供する3万もの学士号のプログラムについて、人生におけるROI(投資に対する収益。ここでは生涯所得の増加から大学の費用を差し引いた額)がどれくらいになるかを調べたものだ。

結果として分かったことは、有名大学を卒業したからといって給与が高い仕事につけるとは限らず、「何のプログラムを専攻していたか」こそがROIを決める大事な要素だということだ。

調査報告によると、プログラム間のROIの差は数百万ドルにも上る。例えば、全米で経済的に最も優れたプログラムはカリフォルニア工科大学のコンピュータサイエンス専攻であり、生涯で440万ドル以上、日本円にしておよそ5億円以上のROIを期待できる。その次がペンシルベニア大学の金融学専攻で430万ドル、そしてカーネギーメロン大学のコンピューターサイエンス専攻の370万ドルと続く。

一般的な学部で言えば、工学、コンピューターサイエンス、経済学、看護学などのプログラムのほとんどは、大学の費用を差し引いても、生涯所得を50万ドル以上増加させるという。

進路選択の判断材料に

これに対し、ビジュアルアート(絵画などの視覚芸術)と音楽専攻の場合は、70%近くの卒業生のROIがマイナスになる。続いて宗教学と哲学専攻では60%近く、教育、文学、生命科学などでは30%近くの卒業生のROIがマイナスになるという。

もっとも、生命科学や生物学の場合、学士だけでは生涯所得が上がりにくいが、修士、博士と進むにつれ、どのように生涯所得が変わるのかという点は検討すべき事項だろう。

ほとんどの学生にとって、大学進学の大きな目的の一つは高給の仕事に就くことだ。従って、このように大学のプログラムのROIが可視化されることには大きな意味がある。

また、賃金よりもやりがいを重視した「夢のキャリア」を目指す学生にとっても、理想の仕事を追うことで生じる経済的な機会損失がROIという数値で可視化されることは、重要な判断材料となり得るだろう。

また、賃金や給料には労働力の需給が反映される。エンジニアが高収入なのは、社会でより多くのエンジニアが必要とされているからだ。

つまり、学生がROIを知り、より良いキャリアの選択をすることは、個人の豊かさだけでなく経済全体の成長にもつながると調査結果には書かれている。

進学先の選択、戦略的に

私自身、企業に人工知能(AI)導入を提案するパロアルトインサイトの経営者として人を採用する立場であるため、この調査結果を関心深く読んだ。

AIを使って大量の応募者をふるいにかけるタイプの採用をする大企業の場合、大学の名前ももちろん大事だが、今後は専攻科目がより評価される時代に突入するだろう。

一方で、多様性を評価し、出身大学や専攻科目名だけではなく、学生生活の4年間で何をしてきたか(論文の内容、インターンの内容など)をより重視して採用する企業も増えている。

つまり、文学や芸術史などに興味がある学生は、ダブルメジャー(二つの専攻をとること)として経済学やコンピューターサイエンスを学ぶと、リスクヘッジになる可能性があるということだ。

日本の大学の場合、ダブルメジャー導入が難しいのであれば、副専攻制度(マイナー専攻)を導入すべきなのかもしれない。また、この調査結果はあくまで調査時点の状態を可視化したものにすぎないため、長期的視点も大事になってくる。例えば、特定の専攻と職種が今後急増することで、 10年後にその職種が供給過剰になるなどして、経済的価値が変化する可能性も考慮しなければいけないだろう。

いずれにせよ、ただやみくもに受験をして4年制大学を出ることで良い給料の仕事を得て、人生というスパンで見た時にプラスのROIになる時代は終わったのだと言える。

今後は、より主体的かつ戦略的に大学進学(またはその先にある大学院進学)という選択を考え、どの大学に、いくらの奨学金とローンを組み合わせて、何を専攻し、何年間で卒業するか、卒業後は何をするか、という経済的要素を複合的に考慮して行動に移さなければいけない。

BACK TO MEDIA
PAGE TOP