アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.

お知らせINFORMATION

パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > お知らせ > AI時代とギフテッド教育をテーマに石角友愛が東京大学教養学部で講義 

AI時代とギフテッド教育をテーマに石角友愛が東京大学教養学部で講義 

2021/12/08 お知らせ 
by 関口 美和 
弊社CEOが、12月21日(火)に、東京大学大学院総合文化研究科教養学部の学生の皆様に向け「AI時代の教育」や「アメリカのギフテッド教育」をテーマに、これまで受けてきた教育などについてもお話しする特別授業を担当します。

東京大学教養学部では、様々な分野の知に触れることを目的とした多様な講義が開設されており、今回「ICTは教育をどう変えるか:教育を個別最適化する」というテーマの授業の1コマにお声がけをいただきました。大変光栄です。

今後も、石角が学生の皆さんに向けてテクノロジー教育やこれまでの経験についてお伝えする場を増やしていきたいと思います

<講義概要>

ICTは教育をどう変えるか:教育を個別最適化する

1.授業の目標・目的

(受講生向けシラバス)

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、小・中・高のGIGAスクール構想は前倒して進められ、大学でのオンライン授業やハイブリッド授業も通常運用されるようになり、日本においても教育のICT化はようやく進み始めたように見受けられます。しかしながら、これらの取り組みの目的は単に「コンピューターを使って教育を行う」ということではありません。各学習者の履歴や特性を把握して、それぞれに合った教育ブログラムを提供する、ということが目されており、デジタル機器はそのためのログを蓄積するツールとしての役割が期待されています。教育データの活用により、個々人の学習進度に合わせたコンテンツを提供することや達成度評価の方法が転換することが、直近の利点として挙げられます。さらに、学校に来ることができなかったり、あるいは認知に特性がある子どもに対してその能力を最大限に活かす教育プログラムを設計することが目標としてあげられます。また、居住地域に依存せずに高度な教育を受ける機会を提供することにより、地域格差の解消や、海外を含む遠隔地を巻き込んだ体験学習を行うといった取り組みにもICTは活用されています。

さらに、教育をポスト情報化社会を生き抜くための認知能力を高める機会と考えるならば、従来の教育アセスメント法のみならず、学習者の脳活動などの生理データを利用して学習効率を高めていく可能性についても注目が高まっています。

本講義では、個別最適化教育やICTを活用した教育実践をされているゲストスピーカーをお招きし、将来のベストプラクティスを模索します。個人によるデータ管理のあり方や、脳機能計測の教育利用の可能性を知るために、データ取得や分析も体験します。

主にオンラインで講義を行いますが、数回の対面授業を予定しています。

キーワード

個別最適化、ギフテッド教育、教育ビッグデータ、ニューロフィードバック、学習分析、Ed-AI

Personalized learning, Gifted education, Big data in education, Neurofeedback, Learning analytics, Ed-AI

(講義設計上の力点)

東京大学教養学部では様々な分野の知に触れることを目的とした多様な講義が開設されていますが、特に教育分野に関しては理論・制度・実践の最先端に触れる講義が不足しています(原理的な部分、教員の問題に関する講義は複数展開されていますが、学習理論やICT活用分野に関する講義は大学院・FD対象に集中しており学部生が気軽に受講できる講義としては展開されていません)。

一方で、高校のカリキュラム・入試改革・高校特色化による高校教育の変化や新型コロナウィルス感染症流行を背景として学部生(特に1〜2年生)の教育×ICT分野に対する関心は増している印象を受けます。特に、本年度は大学生の講義も大幅な影響を受けたということもあり、当該分野の見通しについての関心が増しています。

こうした受講生側のニーズと、提供されている講義のギャップを埋めるべく、学部生が教育×ICTの理論・実践・制度について俯瞰できる講義を開設いたします。

講義形式はオンラインで、原則Zoomを利用しリアルタイムで行います。

(数回対面授業あり)

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。また、毎日新聞「石角友愛のシリコンバレー通信」、ITメディア「石角友愛とめぐる、米国リテール最前線」など大手メディアでの寄稿連載を多く持ち、最新のIT業界に関する情報を発信している。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com
※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO NEWS
« »
PAGE TOP