アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.
メディア掲載実績MEDIA ACHIEVEMENTS
パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > メディア掲載実績 > ビジネスインサイダー > なぜリスキリングは「人ごと」なのか。アメリカで注目「4年学んで4年務める」キャリアの潮流 – ビジネスインサイダー寄稿記事掲載

なぜリスキリングは「人ごと」なのか。アメリカで注目「4年学んで4年務める」キャリアの潮流 – ビジネスインサイダー寄稿記事掲載

なぜリスキリングは「人ごと」なのか。アメリカで注目「4年学んで4年務める」キャリアの潮流 – ビジネスインサイダー寄稿記事掲載

日本でChatGPTの議論になると「ChatGPTで無くなる職業はどんな職業か?」という点が注目されてしまう。GettyImages / Ryouchin

 

こんにちは。パロアルトインサイトCEOの石角友愛です。

本日は、変化の大きいAI時代に生きる私たちがどのようにキャリアを描いていくべきかについて掘り下げたいと思います。

9月25日に、私の新著『AI時代を生き抜くということ ChatGPTとリスキリング』が発売されました。

2023年2月にChatGPTの有料版「ChatGPT Plus」が公開されて以来、日本でもChatGPTについてさまざまな媒体でニュースや特集が組まれてきました。

IT系のメディアや、経済メディアはもちろんのこと、地上波のテレビ番組やファッション誌などでも、ChatGPTが教育や仕事に与える影響や、ChatGPT以降の働き方について識者が語るといった特集が目立ちました。私にも、さまざまなメディアから出演依頼や講演依頼が届きました。

私はChatGPTに代表される「生成AI」の革新的な技術進歩は、大きなパラダイムシフトだと考えています。

しかし日本でChatGPTの議論に参加していると、違和感を覚えることが多くありました。必ずといっていいほど「ChatGPTで無くなる職業はどんな職業か?」「生き残る職業はどんな職業か?」という質問があったからです。

なぜか日本では「ChatGPTに仕事を奪われる」という前提で話が進むことが多いのです。

ChatGPTで「仕事はなくなる」のか

Giulio Benzin / Shutterstock

「ChatGPTでなくなる職業がある」という煽り方は、ワイドショー的な感覚で接するぶんには良いのですが、立ち位置を誤って今回の技術革新を見ることは非常に危険だと考えています。そういう見方を鵜呑みにしてしまうこと自体、今後のキャリアを危うくすると言えるくらいだと思っています。

なぜなら、このChatGPTという技術革新が投げかける問いの本質は「どんな職業が残るのか。どんな職業がなくなるのか」ではなく、「どんな人が(良い条件で)働き続けられるのか。どんな人が働き続けられなくなるのか」だからです。

では、ChatGPTに代表されるような、変化の激しいAI時代において、私たちはどのように自分自身をアップデートしていけばよいのでしょうか。そして、どうすれば一生稼ぎ続けられる人間でいられるのでしょうか。

私がこの記事でお伝えしたいのは、企業視点ではなく、実際に働く私たちの目線で、「一生稼げる力を得るために、何をどのように学んでいけばよいのか」ということです。

について、提案していきたいと考えています。

 

「4 to 40キャリア」時代から「4 to 4️キャリア」に突入

Gettyimages

ここで言う「4to40キャリア」とは、高度経済成長以降、長く続いてきた「大学で4年間教育を受けて40年間働く。そして60歳で引退する」というモデルです。

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。東急ホテルズ&リゾーツ株式会社が擁する3名のDXアドバイザーの一員として中長期DX戦略について助言を行う。

AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。

毎日新聞、日経xTREND、ITmediaなど大手メディアでの連載を持ち、 DXの重要性を伝える毎週配信ポッドキャスト「Level 5」のMCや、NHKラジオ第1「マイあさ!」内「マイ!Biz」コーナーにレギュラー出演中。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

« »
PAGE TOP