アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.
ニュースレターNEWSLETTER
パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > ニュースレター「Moonshot」 > AIによる不妊治療とアラバマ州の中絶禁止法 – AI活用事例

AIによる不妊治療とアラバマ州の中絶禁止法 – AI活用事例

2019/05/18 ニュースレター「Moonshot」 
by 関口 

こんにちは、石角友愛です。

ここ数週間、アメリカでは中絶禁止法に関するニュースで溢れています。中でもアラバマ州で可決された法案はいかなる時も(母体の健康に影響を及ぼすとき以外)、すなわち性的暴行や近親相姦のときも中絶を許さない、中絶手術をした産婦人科医は長くて99年の禁固刑というものです。

アラバマ議員もこれがそのまま法案として施行するとは思っていない人もいるようで、一番極端な法案を通すことで、最高裁までもっていき、Roe v. Wadeの最高裁での判決を覆すことが目的だという報道もあります。

Roe v. Wade(ロー対ウェード事件)はアメリカ人なら誰もが学校で習う、1973年に最高裁が、「女性が中絶するかどうかはプライバシー権に含まれる」(一定期間の中絶を合法化)としたランドマーク的判決で、多くの保守派がこれを変えようとしています。

日本では公に議論されることがない議題ですがアメリカでは政治的議論の大きな課題の一つになります。2020年の選挙に向けて注視すべき動きです。

尿検査キット(使い捨て)とAI搭載アプリで妊娠しやすい日を予測するMira

不妊治療でDeep Learning活用

妊活や不妊治療の領域でもAIが活用されているのをご存知でしょうか。例えば、身近なところでアプリの例をあげると、Miraというアプリは女性が生理のサイクルを記入するだけではなく、Miraが開発したキットで尿検査の結果をあげることで妊娠しやすい日をAIで予測し、通知してくれるものです。

最近では体外受精(IVF)でのディープラーニング活用が話題になっています。一般的には35歳以上の女性の場合、体外受精を行なったとき正常な出産に繋がる確率が一サイクルにつき20%以下、そしてIVFの費用は一サイクルにつき12,000ドルほどかかってしまうため、経済的にも精神的にも大きな負担になっています。

そこで、コネール大学医学部のZaninovic教授(発生学者)が行なった研究では、ディープラーニングを使い、5万枚の胚の写真を学習させました。発生学者がラベル付けした胚の画像に基づき学習をし、体外受精後のどの胚が健康的な出産に繋がるか(good quality)、繋がらないか(poor quality)、ということを97%の精度で予測することに成功したといい、この技術が体外受精の現場で導入されれば(その為には今後多くの臨床実験を行う必要がありますが)、より可能性の高い胚を移植することで、成功率を高めることができるかもしれないと言われています。(ネーチャーに投稿された論文はこちら

STORKというAIが胚のクオリティを分類分けした画像(引用元はこちら)

AIを活用してよりパーソナライズした不妊治療へ

エモリー大学医学部で生殖内分泌学および不妊症学科長を務めるSpencer教授は、不妊治療の領域で今後もっとAIの活用が増えると言っています。例えば夫婦が子作りを開始する前から、不妊リスクや不妊の可能性などをAIで検知することで、医師がよりパーソナライズした不妊治療プロトコールをすすめることができます。現状では、夫婦の年齢、ホルモンレベル、卵子の数などで不妊治療の内容を決めることが多く、アルゴリズムで医師の判断を補佐することができれば、大きなブレークスルーになるのでは、と考えられています。

【お知らせ】ウェブサイトをリニューアルしました!

パロアルトインサイトのウェブサイトが新しくなりました。今までのメディア実績や、お知らせが見やすくなり、AI関連アイテムの購入も簡単になりました。発売中のAI関連アイテムとしては、以下のようなものがあります。

頻繁に更新していきます。最新の会社の情報やお知らせは私のTwitterにまず載るのでご興味がある方はフォローを宜しくお願いします。
https://twitter.com/tomoechama 

それでは素敵な1日をお過ごしください。

石角友愛

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。また、毎日新聞「石角友愛のシリコンバレー通信」、ITメディア「石角友愛とめぐる、米国リテール最前線」など大手メディアでの寄稿連載を多く持ち、最新のIT業界に関する情報を発信している。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com
※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO NEWSLETTER
« »
PAGE TOP