アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.
メディア掲載実績MEDIA ACHIEVEMENTS
パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > メディア掲載実績 > 日経クロストレンド > DXで世界一のコーヒーマーケットをつくるTYPICAの挑戦 – 日経クロストレンド連載

DXで世界一のコーヒーマーケットをつくるTYPICAの挑戦 – 日経クロストレンド連載

2022/09/13 メディア掲載実績, 日経クロストレンド 
by PALO ALTO INSIGHT, LLC. STAFF 

DXで世界一のコーヒーマーケットをつくる「TYPICA」の挑戦

ポストコロナを迎える今、各業界をリードするイノベーターたちはDX(デジタルトランスフォーメーション)をどう考えているのか。人工知能(AI)開発と実装を現場で見ているAIビジネスデザイナーの石角友愛氏がトップ経営者や専門家と、具体的かつグローバルな議論を展開する。今回はコーヒー生豆のオンラインプラットフォーム「TYPICA(ティピカ)」を展開するTYPICA(大阪市)代表・共同創業者の後藤将氏を迎え、同社が取り組むコーヒー業界のDXについて議論した。(対談は2022年7月21日)

世の中をよくするための経営を実践していれば会社は自然と発展すると語る後藤氏(左)

石角友愛氏(以下、石角) 私の両親は以前にカフェを経営していて、コーヒー豆にはこだわりを持っていました。私自身もコーヒー好きなので今回の対談を楽しみにしていました。後藤さんは19歳のときに初めて起業をされたそうですが、最初からコーヒー関連の仕事をされていたのですか。

後藤将氏(以下、後藤) いえ、当初はコーヒーとは全く関係のない分野で起業しました。

石角 そうだったのですね。TYPICAは2019年に創業されていますが、どういった経緯があってコーヒービジネスに取り組むことになったのでしょうか。

後藤 ひとことで言うと「起業家としての志」と「縁」が重なったからですね。今に至るまでの約20年間、複数の会社を経営してきました。経営者となった最初のころは、とにかく会社を継続させる、自社を成長させることばかり考えていました。主語が常に「自社」だったんです。

ですがさまざまな出来事があって、会社経営とは「社会をよくしていくための手段」ということに気づいたんです。世の中をよくするための経営を実践していれば、無理に会社を発展させようとしなくても自然と発展していくものなのだと。

石角 会社経営は社会をよくするためのものという考えは、同じ経営者としてとてもよく分かります。それに気が付かれたのは、いつごろのことですか。

後藤 会社経営を始めて15年目のときでした。そこで「今後15年かけて世界の何をよくしていくのか、自分は何を主題にしたいのか」と考えていたときに、偶然、コーヒーとの「縁」が生まれました。

私はもともとコーヒーが大好きなのですが、TYPICAで取り扱っているような、いわゆるスペシャルティコーヒーを知ったのは、サンフランシスコに滞在していたときでした。当時はちょうどブルーボトルコーヒーがサンフランシスコで新規出店を増やしていたタイミングで、たまたまブルーボトルコーヒーの創業者と話をする機会があったんです。その時に同席していたジャーナリストから「日本に帰るのであれば、おすすめのロースターがあるので、ぜひ行ってみてください」と紹介されたのが、TYPICAの共同創業者である山田彩音が立ち上げたロースターでした。ロースターとは、焙煎(ばいせん)や淹(い)れ方にこだわった「スペシャルティコーヒー」が楽しめるカフェなどを指します。

TYPICAの共同創業者である山田彩音氏

山田はもともとスターバックスで働いていて、店舗のマネジメントなどを担当した後、日本にコーヒーのサードウエーブが到来し始めたときに関西最大級のロースターを立ち上げました。彼女は私と同い年。ずっと会社経営をしてきて世界を変えるテーマを探していた私と、ずっとコーヒーを追求してきた山田との「縁」がそこでつながったのです。

続きを読むにはログイン/会員登録が必要です
ログイン
今すぐ登録する
PAIoneerPAIoneer PRO へご登録いただくことで、
人気の記事やコンテンツが読み放題です!
ウェビナーを視聴したり、AI論文の解説記事など
さまざまなコンテンツをお楽しみいただけます。

PAIoneer/PAIoneer PRO
詳細はこちら

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。また、毎日新聞「石角友愛のシリコンバレー通信」、ITメディア「石角友愛とめぐる、米国リテール最前線」など大手メディアでの寄稿連載を多く持ち、最新のIT業界に関する情報を発信している。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com
※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO MEDIA
« »
PAGE TOP