アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.
ニュースレターNEWSLETTER
パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > ニュースレター「Moonshot」 > 「2023年のAI展望」を世界トップクラスの飲食メーカーPepsiCoが提唱

「2023年のAI展望」を世界トップクラスの飲食メーカーPepsiCoが提唱

2022/12/14 ニュースレター「Moonshot」 
by 関口 
こんにちは、今週もパロアルトインサイトのニュースレターMoonshotをご覧いただきありがとうございます。ぜひ、最後までお楽しみください。
ホームページはこちらからご覧ください

他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論

この本は、私もプロピッカーを務めるNewsPicksから出版されたビジネス書で、2020年のHRアワードの書籍部門で最優秀賞を受賞した働き方に関するベストセラー本です。著者の宇田川先生は埼玉大学経済経営系大学院の准教授として、組織における対話やナラティヴ、戦略開発との関係についての研究を行っています。

本書は、ビジネスの現場で生じる人間関係の課題や問題をどう乗り越えていくかというテーマで、実践に裏づけられた再現性の高いメソッドを提示しています。
この書籍では、一冊を通して「ナラティヴ」という言葉がキーワードとして出てきます。ここでのナラティブとは「語り手の解釈の枠組み」のことを指しており、相手の発言の立場や背景、ビジネスをするうえでは専門性や倫理、組織文化などのことを言います。
組織における「わかりあえなさ」や「やっかいな問題」は、当事者同士のナラティヴの間に溝ができており、そのことに気づいていない状態である可能性が高いといいます。

そのような対立が起こった際の対処法として、まず自分のナラティヴをわきに置き、相手の立場で客観的に考えてみるということを重要としています。 そして、自分のナラティヴと相手のナラティヴが違うということを理解した上で、共通の目的に立ち戻り、お互いがwin-winになる解決策を探す必要があるといいます。この考えは、ビジネスにおける不要な対立を避け、良い組織を構築するために、ぜひ身につけておくべきアプローチですね。

参照:https://www.amazon.co.jp/dp/4910063013

 

 

PepsiCo
世界トップクラスの食品・飲料メーカーペプシコが考える2023年のAI展望」とは

ペプシコは穀物ベースのスナック食品やペプシコーラなどの飲料の販売・マーケティングなどを行う世界有数の食品・飲料事業者です。そんなペプシコで、2020年9月に初のチーフストラテジー&トランスフォーメーションオフィサーに任命された Athina Kanioura 氏が2023年のAIの展望について語っていたのが興味深かったので紹介いたします。

2023年は未来的な能力ではなく、大衆にとって有益な、業界を超えたAIの主要分野への投資がより集中し、さらなる統合が進むと予想される年になると予想されています。AIにとっては希望と集中の年となり、ペプシコでは以下の3つの主要なAIセグメントに集中するとしています。
– 人間の体験を向上させ現場で起きていることを促進するためのAI活用
– 会社の成長を加速させるためのAI活用
– 生産者への洞察提供によりサステナブルな社会を作るためのAI活

2023年は、より幅広い層にとって役に立つ業界横断的なAIに集中投資すべきという視点は、これからのAI導入を考える企業も参考にすべき視点かと思います

会社HP:https://www.pepsico.com/
参考:https://venturebeat.com/ai/2023-will-be-year-of-hope-and-focus-for-ai-says-pepsico-transformation-leader/

※画像をクリックすると記事に移行します。
※画像をクリックすると記事に移行します。

AIで声を分析し病気を診断するプロジェクトとは

声のデータを送るだけで、病気の診断ができて、熟練した医師と同じように正確で、医療が整っていない地域を含めて誰もが受けられるようになれば最高ですよね。
アメリカでは、そんな声に着目した、医療の未来とも言えるプロジェクトが始まっています。
 AI技術論文紹介「The Insight」の内容を見てみる▷ 
▽今回のトーク内容
#47 テイラースウィフトのチケット販売停止から見る、チケット業界独占の弊害/W杯開幕!日本対ドイツについての感想▽トーク概要

  • W杯開幕!日本対ドイツのジャイアントキリング
  • パネラー陣のW杯観戦の記憶
  • ライブチケットの独占問題について
  • 今回のW杯カタール大会のチケット金額は過去最高値での販売
  • テイラースウィフトのチケット販売サイトが急遽販売停止に
  • アメリカのチケット販売を牛耳るチケットマスターの独占状態
  • アップルや、W杯、オリンピックのチケット販売の工夫
  • 販売に関する手数料が複雑で、複数存在している状態
  • Airbnbの手数料問題と似ている
  • コンサートチケットも宿泊サイトのように競争があるべき
  • 今後は、メタバースでのライブ展開にも期待
  • 今週のおすすめコンテンツ「ジェニファーロペス ハーフタイムショー」

Voicyチャンネル開設のお知らせ

Podcast「Level5」が、おかげさまでVoicyにもチャンネル登録されました!
今後は、毎週木曜にVoicy上でもLevel5のコンテンツを投稿していきます。
ご縁があって審査が厳しいと評判のVoicyにてチャンネルを持てたので、オリジナルコンテンツ「石角友愛の自分の可能性を育てるラジオ」も毎週月曜に公開していきます。ぜひチェックしてみてください!
キャリア、就職・転職、留学相談などのプライベートな内容から、
「このニュースをどのように見ている?世界で見られている?」
「これって、一体どうなってるの?」
「〇〇〇について、よく分からないので解説して欲しい!」
など、匿名でのご連絡大歓迎です。ぜひ気軽にご連絡ください!
 Podcast「Level5」への質問箱へ投稿してみる▷▷ 
先日、講演会に登壇するために3日間ほど日本へと帰国していました。その間にW杯の日本対スペインの試合があり、日本で試合中継を見ることができました。歴史的な一戦を観られて、その喜びを日本にいる皆さんと共有できて非常に嬉しかったです。
決勝トーナメントでは、残念ながらクロアチアにPKの末敗れて初のベスト8進出とはなりませんでしたが、歴代W杯優勝国であるドイツ、スペインに勝利するという歴史的な偉業に全サポーターが心を躍らせたと思います。また4年後のW杯にさらに成長した日本代表が見られることが楽しみですね。
パロアルトインサイトCEO 石角友愛

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。東急ホテルズ&リゾーツ株式会社が擁する3名のDXアドバイザーの一員として中長期DX戦略について助言を行う。

AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。

毎日新聞、日経xTREND、ITmediaなど大手メディアでの連載を持ち、 DXの重要性を伝える毎週配信ポッドキャスト「Level 5」のMCや、NHKラジオ第1「マイあさ!」内「マイ!Biz」コーナーにレギュラー出演中。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO NEWSLETTER
« »
PAGE TOP