パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.

ブログBLOG

パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > ブログ > Slackのデザインリニューアルがユーザーにとっての使いやすさをいかに高めたか?

Slackのデザインリニューアルがユーザーにとっての使いやすさをいかに高めたか?

2020/05/14 ブログ 
by ユカ リビングストン 

こんにちは。UXデザイナーのリビングストンです!皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

今回は前回のブログに引き続き、Remote Design Weekカンファレンスでのセッションの一つ、Slackのプロダクトデザイナーによるプレゼンテーション “How Customers Helped Shape the Future of Slack” から学んだこと、そして感じたことを記そうと思います。(カンファレンス詳細は一つ前のブログに記載してあります。こちらもぜひご覧ください。)

みなさん、Slackをご存知でしょうか。日本でもSlackを使い始めた会社が多くなってきていると聞きました。簡単に言えば、Slackはビジネスシーンで使われるチャットツールです。今では学校、医療現場など様々な分野でSlackが活用されるようになっています。Slackはたくさんの優れた機能を備えており、使い勝手が良いので、個人的に好きなツールの一つです。Slackを使った際の第一印象は、洗練されたデザイン、使いやすさ、わかりやすさで、すぐ使いこなせたことができました。

Slackユーザーならご存知かもしれませんが、Slackは3月18日、デザインの変更といくつかの新機能を発表しました。”How Customers Helped Shape the Future of Slack” のセッションではこのデザイン変更(=リデザイン)について説明がありました。Slackが世に出てから、初めての大規模なリデザインだったそうです。この発表はちょうどコロナが流行し始めた時期と重なりました。社員が在宅勤務に移行し通常通りに業務を進めるのが難しかったにもかかわらず、今までにない団結力を発揮して発表に至ったということでした。

「リデザイン(Redesign)」は「もう一度デザインする」という意味です。「リデザイン」=「視覚的、そして機能としてのリニューアル、サービスまたは利用の流れのリニューアル」と捉えることができます。

まずスピーカーがはじめに説明してくれたのは、Slackがリデザインにおいて重要視した3つのポイントです。

1. Don’t make people think ユーザーに考えさせないようなデザイン
ユーザーに、どうやってSlackを使うのか、どこに何があるのかを探すといったことに時間を割かせないために、ユーザーが考えなくても直感的に使えるできるようなデザインにすることが大切だということでした。

2. Show fewer, more important things 重要な箇所だけ見せるデザイン
重要であるものとそれほど重要でないものをきちんと分け、重要なものの数を絞ってデザインを見せるということです。

3. Be good hosts ホスピタリティー精神溢れるデザイン
ユーザーの立場を理解して、ニーズに寄り添い、ユーザーが使いたいと思うプロダクトを作り提供することです。

これらはデザイナーにとって肝に命ずべきことであり、Slackはこの3つのポイントをしっかり実践しているなと思いました。

ここからはSlackが行ったリデザインのいくつかを紹介したいと思います。
まずは各チャンネルのナビゲーションバー。このナビゲーションバーでは新規ユーザーがSlackを使う時にクリックできる箇所がたくさんあり、どこから始めればいいのかと困惑してしまうという難点があったそうです。

チャンネルのナビゲーションバー初期デザイン(by Anna Niess)

画像下の一番上が初期のデザインでした。そこから真ん中のデザインのように、全て無くしてシンプルにし、そこから重要なものを付け足していき、一番下のデザインに至ったそうです。何人がチャットグループにいるのかを一目で知りたいという意見が多かったそうです。

デザインプロセス(by Anna Niess)

次に新規投稿ボタン。この新規投稿ボタンは新機能で、初期のデザインにはありませんでした。

新規投稿ボタンの配置オプション (by Anna Niess)

新規投稿ボタンは大抵、サイトの右上にありますが、最近のモバイルアプリでは、新規投稿ボタンが右下に浮いているようなデザインを多く見かけます(ツイッターなど)。そこでSlackもモバイルアプリのように、新規投稿ボタンを右下に配置するデザインにしたそうです。ところが、ユーザーにそのデザインを試してもらったところ、ユーザーはそのボタンの用途を理解できなかったということでした。多くのユーザーは、新規投稿ボタンが右上にあるデザインに慣れていて、その配置の方がすぐ理解でき、使いやすいという意見だったそうです。

他にも様々なリデザインと新しい機能があります。私もユーザーとしてSlack を使う度、ユーザーの利便性を考え抜いたリデザインになっていると感じています。このセッションを通して学んだことは、リデザインは簡単なことではなく奥が深いということです。

ユーザーにより良い使い勝手を提供するためには、デザインの小さな変更でさえ、長く複雑なプロセスを要します。使い勝手の良し悪しは、ユーザーが製品を選んで使うかを左右します。つまり、ビジネスが成功するか否かにも繋がるわけです。Slackのリデザインは世界各国にいるチームと提携しあい、何ヶ月もかけて何十回にも及ぶユーザーテストを経て、ようやく最終デザインが完成し、発表することができました。

人々にとって、変化を受け入れることは簡単ではありません。多くの人は、自分が慣れ親しんでいるやり方を変えなければならないのは面倒だと感じるでしょう。デザインを改善したはずが、ユーザーによっては「改悪」となってしまう場合もあるのです。すべてのユーザーが100パーセント満足するデザイン、リデザインを実現するのは難しいかもしれません。しかし、ユーザー目線に立って、日々デザインを進化させていくことが大事なのだと理解しました。

コロナ感染拡大で、人々の暮らし方、働き方が大きく変わり、コロナ終息後もこの変化は持続していくと思います。このような社会の変化の中、ユーザーのニーズも変わってきます。Slackは、そのような変化に対応し、自社の強みを生かし、時代に適応したプロダクトを提供することに成功したのです。Slackのデザインチームの力量に感銘を受けました。

BACK TO BLOG

NEWSLETTERニュースレター

ブログ記事を最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。
弊社ニュースレターにご登録いただくと、
このブログの最新記事や、
シリコンバレーの最新AI事情、
お得なキャンペーン情報について
お知らせいたします。
また、アップルやアマゾンなどで
経営陣が実施しているデータ会議の
回し方が分かる早見表を
無料でダウンロードできる
リンクもお送りします。

PAGE TOP