アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.
メディア掲載実績MEDIA ACHIEVEMENTS
パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > メディア掲載実績 > 日経クロストレンド > 文具メーカーコクヨのオフィス「THE CAMPUS」が「働き方の実験場」であるワケとは

文具メーカーコクヨのオフィス「THE CAMPUS」が「働き方の実験場」であるワケとは

2022/10/28 メディア掲載実績, 日経クロストレンド 
by PALO ALTO INSIGHT, LLC. STAFF 

コロナ下のオフィス不要論に挑む コクヨの実験場「THE CAMPUS」 – 日経クロストレンド連載

大手文具・家具メーカー、コクヨのDXデザイン室長の三宅健介氏と石角友愛氏の対談の後編。前編では同社が進めてきた「デジタルエクスペリエンス」の概要、社内で協力を得るための取り組みなどについて聞いた。後編では品川のオフィス「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」の話から、コクヨが進める新しいビジネスについて議論した。(対談は2022年9月13日)

コクヨが品川のオフィスをリニューアルして構築した働き方の実験場「THE CAMPUS」

▼前編はこちら
スマホで勉強する学生たち 文具の老舗コクヨが挑むデジタル変革

石角友愛氏(以下、石角) 2021年2月に、品川のオフィスをリニューアルして「THE CAMPUS」としてオープンされています。「働き方の実験場」ということですが、詳しく聞かせてください。

三宅健介氏(以下、三宅) THE CAMPUSでは、自分たちが理想と考えるオフィスを実際につくってみて、そこで働く姿をお客さまに見ていただいています。そしてフィードバックをいただき、改善をしていきます。新型コロナウイルス禍で進んだデジタルを活用した働き方もそこで試しています。当社が大事にしている「実験カルチャー」の現場ともいえると思います。

石角 デジタルも積極的に活用されているそうですね。フロアに埋め込んだビーコン(電波受発信器)と社員が持ち歩くスマートフォンから、社員がいつどこにいるかを1分単位で測定、AI(人工知能)カメラも併用して、オフィスの利用状況についてデータを収集して新しいサービスモデルの開発に生かしていると聞いています。

THE CAMPUSでは人流をデータ化し、「人が集まりやすい場所」などを把握している

三宅 ええ。オフィスの中で人の動きをデータ化すれば、「あそこは人がよく集まっている」「あの場所は想定とは違った使われ方をしている」といったことが把握できます。これまで企業のオフィスというと、“つくって終わり”となるケースが多かった。ですが実際の使用状況が分かれば、それに合わせて改修を加えていくことも可能となります。

石角 オフィスの改修というと、パーティションを動かすといったことでしょうか?

三宅 そうですね。あと最近は「集中する場所」「コミュニケーションする場所」「リラックスする場所」といったゾーニングをすることがオフィスデザインのトレンドになっています。ただそれぞれのゾーンのベストバランスは、その企業での働き方やビジネスの進め方によって違う。実際にどう使われているかを把握できれば、その比率を変えるべきか分かるはずです。データによってオフィスの問題点を見える化することで、必要に応じてパーティションを移動させたり家具の配置を変えたりして改善が進められます。

石角 まさにオフィス自体が実験の場なのですね。THE CAMPUSは一般の方も入れるのですか?

三宅 一部エリアを一般の方に開放しています。1階に子どもがコクヨの文具や絵本で遊べるスペースや、オフィス家具の体験コーナーがあり、コクヨ商品の販売もしていて、社員がお客さまの様子を直接見られるいい機会になっています。AR(拡張現実)を使った商品のPRなど、アイデアを試す場所としても活用しているんですよ。

石角 THE CAMPUSは社員の行動データを集めるとともに、お客さまのデータを集める場所にもなっているのですね。

社員から好評「社長のおごり自販機」

続きを読むにはログイン/会員登録が必要です
ログイン
今すぐ登録する
PAIoneerPAIoneer PRO へご登録いただくことで、
人気の記事やコンテンツが読み放題です!
ウェビナーを視聴したり、AI論文の解説記事など
さまざまなコンテンツをお楽しみいただけます。

PAIoneer/PAIoneer PRO
詳細はこちら

おすすめ/関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。また、毎日新聞「石角友愛のシリコンバレー通信」、ITメディア「石角友愛とめぐる、米国リテール最前線」など大手メディアでの寄稿連載を多く持ち、最新のIT業界に関する情報を発信している。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com
※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO MEDIA
« »
PAGE TOP