アメリカ最新AI情報満載!セミナーや講演情報など交えて毎週水曜配信 無料ニュースレター 下記へメールアドレスを入力し無料で登録
CLOSE
パロアルトインサイト/ PALO ALTO INSIGHT, LLC.
ニュースレターNEWSLETTER
パロアルトインサイト/PALO ALTO INSIGHT, LLC. > ニュースレター「Moonshot」 > リモートワーク「生産性が下がる」は本当か?

リモートワーク「生産性が下がる」は本当か?

2023/11/15 ニュースレター「Moonshot」 
by 関口 
こんにちは、今週もパロアルトインサイトのニュースレターMoonshotをご覧いただきありがとうございます。ぜひ、最後までお楽しみください。
ホームページはこちらからご覧ください

リモートワークによる生産性向上の可能性と課題


リモートワークが労働の形態としてどのように浸透していくのかという点が注目されています。コロナ禍を経て、多くの企業で従業員に対して在宅勤務のオプションを提供し、柔軟な働き方が浸透してきました。そんなリモートワークが「仕事の生産性に与える影響」については、さまざまな意見が存在しています。
今回は、リモートワークと生産性の関係を深く掘り下げ、どのような要因が生産性に影響を与えるのか、そして企業がリモートワークの効果を最大化するためにどのような戦略を取るべきかについて紹介します。

記事によれば、リモートワークと生産性の関係は一筋縄ではいかない複雑なものです。従業員の個々の状況や企業のポリシーによって大きく左右される可能性があると指摘されています。 リモートワークは、一部の従業員にとって生産性を向上させる要因となっているということです。通勤時間が削減され、自分にとって最適な環境で作業が可能となることで、集中力が高まり、タスクの効率が上がることも報告されています。
その一方でリモートワークは、チーム間のコミュニケーションや協力を困難にする要因ともなり得ます。リモートワークの効果を最大化するためには、企業が積極的な対策を講じることが重要とされています。 具体的には、企業文化や、リーダーシップのスタイルなどがリモートワークの成功に大きく影響を与えています。オープンで支援的な企業文化は、リモートワークにおける生産性を向上させる可能性があります。
また、リーダーが従業員の自律性を尊重し、信頼の文化を築くことで、リモートワークは効果的に機能する可能性も指摘されています。さらに、企業はリモートワークの効果を評価し、生産性の測定方法を確立することが重要です。

リモートワークと生産性の関係は、多くの要因によって影響を受けるため、一概にリモートワークが生産性を向上または低下させるという論調で語るのは良くないことだと思います。企業としては新しい労働環境を適切に管理し、従業員がリモートワークを効果的に利用できるようサポートする必要があります。適切な戦略やポリシーを導入することで、リモートワークのメリットを最大限に享受し、生産性を向上させることが可能となるでしょう。

参考:https://thehill.com/opinion/technology/4228100-does-working-from-home-damage-productivity-just-look-at-the-data/

『AI時代を生き抜くということ
ChatGPTとリスキリング』

日経BP社より発売中/レビュー・コメントも募集中!

 Amazonで購入/レビューをする ▷▷
AI時代を生き抜くということ ChatGPTとリスキリング」が日経BPから発売しています。本書をお読みいただけましたらAmazonでのレビューなどいただけると非常に励みになります!

教育×AIの専門サイト「AIと私」のご紹介

パロアルトインサイトのAI人材育成コンテンツがまとまったWebサイト「AIと私」では、「AI×教育」に特化したニュースレターを配信しています!
「AIと私」では、AI技術が進化し広まる中で必要となる教育リテラシーを育むために必要な、海外の先進的な事例や教育へのAI応用とその影響に関する洞察など、さまざまな情報をお届けしています。

AI教育の未来を共に考え、形作っていくために「AIと私」ニュースレターへの登録も心よりお待ちしております。登録は無料ですのでご興味をお持ちいただける方は以下のリンクよりご登録ください。

「AIと私」の新しいWebサイトを見る ▷▷

生成AIの活用を成功させる5つのステップ

今週のテーマ:AI導入

生成AIの話題が溢れる中、生成AIによって可能になったことに驚くことは少なくなりましたが、生成AIの応用は、企業にとって変革的な可能性を秘めています。しかし、企業が生成AIを実際に活用し、導入に成功するには課題が伴います。企業はデジタル投資の価値を最大化することに苦労しており、生成AIの導入も同じです。
2023年のMcKinsey Global Surveyのデジタル戦略に関する調査では、1,000人以上の回答者を対象として、革新的運用モデルを構築した組織と、生成AIを含む最新のデジタル技術を通じて価値を増加させる能力との間に強い関連性があることがわかりました。

この記事では、McKinseyの記事「Companies with innovative cultures have a big edge with generative AI」を元に、トップの革新者が生成AIの応用において自分たちと同業者との間に戦略的優位性をとるために取っている5つのステップをご紹介します。

ビジネス技術が急速に進化する風景の中で、生成AIは変革の力として際立っています。個人での活用だけでなく、企業全体としてこの力を理解し、活用することが、これからは大きな鍵となるでしょう。McKinseyの最新の洞察では、革新的な企業が生成AIでどのように大きな優位性を得ているか …続きを読む

 記事全文はこちらから読む ▷ 
最新記事から、ユーザーの皆さんへのおすすめ記事や動画コンテンツなど網羅してお届けします。
いまならPAIoneer PROメンバーの皆さんに、仕事に活かせるChatGPTの簡単な使い方が網羅された「ChatGPTプロンプトシート」を配布中です!ぜひこの機会にお試しください!
 ChatGPTプロンプトシートの詳細を見る▷▷ 

【イベント情報】

Business Insider Japan 主催ウェビナー登壇

『AI時代のキャリアの描き方』-「価値のある」人材になるために必要なこと

 概要を確認する ▷▷

【メディア情報】

週刊東洋経済 インタビュー取材

AI時代の才能の見つけ方と伸ばし方

 記事を読む ▷▷
NHKラジオ『マイあさ』マイBiz 聞き逃し配信中!

アメリカZ世代に人気の ” デュープ “とは

 記事を読む ▷▷
月刊先端教育『Books』コーナー掲載

「AI時代を生き抜くということ ChatGPTとリスキリング」の書評記事掲載

 記事を読む ▷▷
Business Insider Japan 寄稿記事公開

リスキリングする人に知ってほしい「出口戦略」
評価を下げない「上司交渉術」とは

 記事を読む ▷▷

▽トーク概要

  • BizDevが抑えておくべきAIスキルについて
  • The Informationが選出した2023年最も有望なスタートアップ8社をご紹介
  • おすすめコンテンツ:
    書籍「Code to Joy」、TVアニメ「進撃の巨人 The Final Season」

先日、荒木博行さんのVoicy『荒木博行のbook cafe』に出演させていただき、私の新著『AI時代を生き抜くということ ChatGPTとリスキリング』についてお話しする機会をいただきました!

テクノロジーが従来の業務を自動化する中、働き方や学び方に大きな変革をもたらしています。この変化に柔軟に適応し、生涯的に学習を続けることで、未来の職場で必要とされる人材となることは重要な取り組みだと考えます。
ぜひ放送をお聴きいただき、AI時代を生き抜くためのヒントを見つけていただければ幸いです。ご意見やご感想もお待ちしております!

パロアルトインサイトCEO 石角友愛

パロアルトインサイトについて

AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名 :パロアルトインサイトLLC
設立 :2017年
所在 :米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
メンバー数:17名(2021年9月現在)

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com
お問い合わせ、ご質問などはこちらまで:info@paloaltoinsight.com

石角友愛
<CEO 石角友愛(いしずみともえ)>

2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAI関連プロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテック・流通系AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。東急ホテルズ&リゾーツ株式会社が擁する3名のDXアドバイザーの一員として中長期DX戦略について助言を行う。

AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手掛け、順天堂大学大学院医学研究科データサイエンス学科客員教授(AI企業戦略)及び東京大学工学部アドバイザリー・ボードをはじめとして、京都府アート&テクノロジー・ヴィレッジ事業クリエイターを務めるなど幅広く活動している。

毎日新聞、日経xTREND、ITmediaなど大手メディアでの連載を持ち、 DXの重要性を伝える毎週配信ポッドキャスト「Level 5」のMCや、NHKラジオ第1「マイあさ!」内「マイ!Biz」コーナーにレギュラー出演中。「報道ステーション」「NHKクローズアップ現代+」などTV出演も多数。

著書に『いまこそ知りたいDX戦略』『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『経験ゼロから始めるAI時代の新キャリアデザイン』(KADOKAWA)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。

※石角友愛の著書一覧

NEWSLETTERパロアルトインサイトの
無料ニュースレター

毎週水曜日、アメリカの最新AI情報が満載の
ニュースレターを無料でお届け!
その他講演情報やAI導入事例紹介、
ニュースレター登録者対象の
無料オンラインセミナーのご案内などを送ります。

BACK TO NEWSLETTER
« »
PAGE TOP